rYYbkndHcVNg0Z7hNVkyCNES5ehP8FKhhOSEBEXtMTQ

【受験生】共通テスト50点upした地理勉強法

HOME

こんにちは!! みうです。

急ですが、受験生の皆さん! 一番好きな教科は何ですか?

私は即答で地理です!(^^)!笑

でも、昔の私は

地理は暗記の量は多いし、どうせ役に立たないし…  

と正直大嫌いでした。笑

私が地理を好きになったのは、高校3年の時です。

その頃は地理の勉強法を学び、点数が伸び始めてきた時期でしたね。

点数がぐんぐん上がっていくのが楽しすぎて、はまってました。笑

人ってどんなに嫌いなものでも結果が目に見え始めたら好きになってくるもんです。

この感情みんなにも味わって欲しい…

ということで

今日は、私が実際に2021年に地理の共通テストの点数を爆上げさせた勉強法を書きたいと思います。

学校から貰った教材を使え!

ほとんどの人が学校から教科書をもらってると思います。

それ、大切にして下さい‼

正直、本屋で売られている参考書はいりません

共通テストはほとんどが基本で、ほとんどが教科書を中心とした問題がでます。

教科書の隅の方に小さく書いてある問題がよく問われることもあります。

なので、隅々までチェックしておいてください。

でもひとつ注意してほしいのが丸暗記しないことです。 

「地理は暗記科目!」という人がいますが違います!

学んだいくつかの知識を紐ずけて答えを出すんです。

答え丸暗記ではなくなぜそうなるかを理解しておく事で他の問題にも繋がり、解ける問題の幅が広くなります。


地図帳には書き込め!

次は、地図帳の使い方についてです。

国の場所や都市名など最低限覚える事はもちろん大事です。

ですが、それとプラスに新しく学んだことは必ず地図帳に書き込むようにしてください。

地理はメモしておきたい情報がある時は地図があった方が書きやすいですよね。

だから地図帳を使うんです!

地図帳に書き込む事で、書き込む時に前に書いていたものが目に入り復習する事ができます。

人は復習しないと1日後には70%を忘れてしまうと言われているので自然と復習出来るのは効率がいいですよね。


過去問は繰り返し!!

教科書と地図帳でインプットしたら次は過去問。

これは問題と答えを覚えるくらいまでやってください。

質より量ですね。

何回も繰り返すことで問題の出され方や解き方がわかるようになってきます。

「これがこうだからこうなる」となぜ答えがそうなるのかをほかの人に説明できるようにしておくとアウトプットにもなりいいですね。

また、過去問は1問から多くの知識が得られます。

たとえこの時点で基礎が固まっていなくても過去問を解きながら情報をインプットできますよ。



さて、ここまで3つのポイントを紹介しました。

これらのポイントをおさえておくと、共通テストで7.8割は取れます。

地理は一見カタカナばかりで難しそうに見えますよね。

でも、ひとつひとつ紐解いていけば「なるほど」と思えるようなものばかりです。

成果が出るまで大変だと思いますが必ず結果は出るので頑張ってください。

応援してます!!


この記事が少しでも役に立ったら下の「大学生ブログランキング」のボタンを押してもらえたら嬉しいです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました